フィリピンと日本の二重国籍にしました。【ハーフの赤ちゃんの国籍】

フィリピンと日本の二重国籍を取ることに決めました


私たちはフィリピン人夫と日本人妻のカップルです。赤ちゃんが生まれたとき、私たちには3つの選択肢がありました。フィリピン国籍、日本国籍、そして両方を取る二重国籍。

私たちの場合はあらゆる可能性を考慮し、二重国籍を選択しました。

正確には日本は二重国籍を認めていない国なので国籍留保という形になりますが、22歳までは両方の国籍を保持することができます。

フィリピンと日本のハーフ、我が子の場合

フィリピンと日本はいずれも血統主義の国なので、基本的に子供は両親の国籍を自動的に保持することになります。しかし日本側が二重国籍を認めていないため、私たちには選択をする必要がありました。

しかし国籍留保という形で22歳まで両方の国籍を保持できるということがわかったので、私たちは二重国籍を選択しました。それぞれの国の情勢を見ると今のところ日本国籍の方が良さそうですが、子供が大人になった時はわかりません。また私の身に何かあった時、夫は子供を連れてフィリピンの家族に頼ることになるでしょう。その場合フィリピン国籍も持っていた方が何かと安心かと思いこのような結論に至りました。

22歳になったらどちらの国籍にするか決めなければいけませんが、子供自身の国籍なので本人に決めさせようと思っています。

二重国籍を取るための手続きがわかりにくい

私たちは自分たちで全て申請を行いましたが、ネットで情報を調べたり直接フィリピン大使館に足を運んで情報を得ました。出産前に一通り調べていたのですが、いざ区役所に出生届を持っていくと区役所の方から「日本は二重国籍を認めていません」と受取を一度断られました。

まさかの展開に驚きましたが、我が子の国籍がかかっています。産後の体にムチを打ち、再度パソコンを開きポチポチ調べてみるとやっぱり申請の方法に間違いはありません。母に代理で出生届を出しに行ってもらったのですが、役所の窓口の方と直接電話で話し合うことになりました。

最終的には申請ができたのですが、こっちできちんと調べておいてよかったなと思える案件でした。もし二重国籍が取れないという区役所の方の言葉を鵜呑みにしていたら、赤ちゃんの人生はまた違ったものになっていたことでしょう。ともあれ無事にどちらの国籍も取得できてよかったです。

フィリピンと日本の二重国籍を取ることに決めました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です