ブランドバッグをレンタルする人の裏側【暴露しちゃうよ!】

ブランドバッグをレンタルする人


ブランドバッグのレンタルサービス『Laxus(ラクサス)』について調べていたら、ブランドバッグをレンタルするってどうよ?的な議論を見つけたので、その議論に首を突っ込んでみたいと思います。

ブランドバッグをレンタルする人、ズバリわたし!

わたしは『Laxus』がブランドバッグのレンタルサービスを開始してすぐに飛びついたので、レンタル歴は5年近くになります。この5年で自分でバッグを買った機会はゼロ。オーダーでバッグを作ったので、自分のバッグとして増えたのはその一つのみです。

ちなみにこのバッグ↓

なんでブランドバッグをレンタルするのかというと、コスパがめちゃくちゃ良いからです!

ブランドバッグって買うと恐ろしいほどコスパが悪いんです。ブランドバッグのコスパの悪さは、バッグ選びの段階から始まります。高級ゆえにバッグを選ぶのにも慎重になるから時間がかかる。そしてバッグ自体に払うお金はもちろん、保存方法にも気を遣い、さらにはメンテナンスも必要になってくる。

そう考えるとブランドバッグを買うことが、いかに自分の資本(時間とお金と労力)を奪うのかがわかります。

わたしは自分の大切な資本をブランドバッグに捧げるよりも、自己投資や社会貢献などもっと広がりのあることや、お金の価値を生かせることに使いたいと思っています。

実際、わたしは開発途上国の子供たちを支援する活動(Tatlo project)をしていますが、そういうことに自分の資本を割く方が有意義に感じるのはもちろん、ブランドバッグを所有する喜びよりも、人に貢献する喜びの方が長く心に残ることを実感しています。

開発途上国支援

なんでブランドバッグ?ノーブランドでもいいじゃない

レンタルしてまでブランドバッグを持つ人に対して、懐疑的な気持ちもわかります。でもノーブランドのバッグを買う方が損をすると知ったら、あなたはどう思いますか?

わたしの場合は、間違いなく1000円のバッグでもノーブランドのバッグを買うと損するんです。だからブランドバッグをレンタルしています。ブランドバッグをレンタルしたら、お金が減らないばかりか、増える可能性もあるんです。だからブランドバッグを使っています。

「え?どういうこと?」と思う人もいるかもしれませんが、本当の話です。

ブランドバッグを買うという選択の場合、タダで手に入れるには誰かに買ってもらう必要があります。しかし、わたしが使ってるレンタルサービス(『Laxus』)には、レンタル代がタダになるスキームがあるので、他の人の力を借りずともエルメスやルイヴィトンをはじめとする57ブランドの高級バッグを無料で使うことができます。

また、わたしはLVMH(ルイヴィトンやディオール、ジバンシーなどを保有する会社です)に投資しているので、わたしがブランドバッグを持ち歩くことで、それを見て『あのバッグかっこいいな〜わたしも欲しいな〜』と思う人が増えたら、LVMHの株も上がっていきます。

つまり、わたしの資産も同時に増えていくということです。

このようにブランドバッグをレンタルすると、好きなブランドバッグを無料で楽しめるだけでなく、資産まで増えていくのです。ブランドバッグを使いながら、お金も増えていく。レンタルサービスを使えば、そんなハッピーな循環が実現できるのです。

コスパ最強のブランドバッグレンタルサービス

ブランドバッグのレンタルサービス
ブランドバッグのレンタルサービスはいろいろあると思うんですが、レンタルできるブランド数が圧倒的に多いということ、そして無料でレンタルできるスキームが作れるという点で、『Laxus(ラクサス)』一択です。

Laxusにはポイント制度があり、ポイントを利用することで現金を使わずにブランドバッグをレンタルすることができます。ポイントは定期的に行われるキャンペーンや友だち紹介などで貯めることができるので、その制度を積極的に活用していきましょう(入会時に招待コード『happy』を使うと、招待ポイントもゲットできます)。

ポイントを使えば無料でブランドバッグをレンタルできるし、アプリから注文したら家に届けてくれるので買いに行く手間もありません。保管の心配もなければ、メンテナンスの必要もありません。

ブランドバッグにかけていたお金や時間や労力を一切排除して、自分の資本をさらに有益なことに注いでいきましょう。

見栄よりも大事なもの

ブランドバッグを持っている人への印象として、見栄を張っているのでは?と思いがちですが、見栄以上に実り良い理由があることを理解していただけましたでしょうか。

わたし自身もブランドバッグが自分の価値の一部であると思うことはないので(そう捉える人もいるかもしれませんが、、、)、他人を見るときもその人が持っているバッグで評価をすることはありません。好みの問題として処理するので、それによって人に対する対応を決めたりはしません。

ブランドバッグで見栄を張るくらいならば、自身を高めた方が合理的だと思っているので、今日もブランドバッグに費やすコストを、自分の教育機会に捧げています(最近はCourseraにハマっています)。

そんな感じでブランドバッグのレンタルは最高だよ!というお話しでした。みなさんもぜひ、こういうサービスを上手く利用して、人生にハッピーな要素を増やしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブランドバッグをレンタルする人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。