福岡韓国領事館へのビザ申請まとめ

福岡韓国領事館ビザ申請まとめ


韓国のコロナ鎖国が終わったということで、早速観光ビザを申請しました。備忘録としてビザ申請の流れをまとめたので、韓国に行きたいよ!という人は参考にしてみてください。

観光ビザ申請のための必要書類

駐福岡大韓民国総領事館のホームページによれば、2022年6月1日〜観光ビザに入国する人は以下の書類が必要とのことです。

韓国の観光ビザ必要書類

査証発給申請書は、駐福岡大韓民国領事館のホームーページからダウンロードできます。

パスポートは原本を持参するのと別に、コピーを一枚取って持っていきましょう。ちなみに韓国領事館にもコピー機があるので、その場でもコピーできます。

色々ありますが、集めること自体はそんなに難しくありません。私も実際、2日ですべて集め終わりました。やるべきことは明確なので、『韓国に行きたいんだー!』という熱い想いに乗って、サクサクと集めていきましょう。

観光ビザの申請費用

韓国領事館にビザを申請するにあたり、お金が発生することはありません。つまり申請料は無料です。住民票など書類を集めるためにかかるものはありますが、領事館へ支払うものはありません。

ちなみに必要書類を集めるためにかかった必要はこちらです。

証明写真 900円
残高証明書の発行 550円
住民票の取得 300円
コピー代 80円

コピー代の詳細(航空券の予約票、ホテルの予約票、パスポート、査証発給申請書)

合計1830円です。

観光ビザ発給までの日数

わたしは2022年6月6日に申請を出しましたが、二週間後の6月20日以降から受け取りできますと言われました。つまりきっちり二週間後に発給が行われているということです。

駐福岡大韓民国総領事館のホームページにも二週間かかりますと書いてあるので、まさにその通りでした。

福岡韓国領事館でビザの受け取り

福岡韓国領事館にビザの受け取りに行ってきた!

2022年6月20日

観光ビザの申請時間

韓国領事館で観光ビザが申請できる時間は決まっています。平日の9時〜11時30分です。なので、必ずその時間内に韓国領事館に出向くようにしましょう。私は11時ギリギリに到着しましたが、11時を過ぎてもきちんと手続きをしていただけました。

また受け取りは平日の13時〜16時の間に来るようにとのことでした。

わたしが観光ビザを申請した流れ

1日目
西日本シティ銀行にお金を入金しに行く(残高証明を取るため)
区役所に住民票を取りに行く(身分証明書持参)
航空券を予約する
ホテルを予約する

2日目
西日本シティ銀行に残高証明を取得しに行く(大きい支店だと前日までの残高を即日発行してくれる)
航空券の予約票をコピー
ホテルの予約票をコピー
査証発給申請書をコピー
パスポートのコピー
証明写真を撮る
査証発給申請書の記入

3日目
韓国領事館に出向いて、必要書類の提出(5分で終了)
銀行に残高証明書を取得するために必要なものは、印鑑と銀行のカードです。

やるべきことは明確なので、ビザの申請で困ることはありませんでしたが、査証発給申請書で、「ええ?」となったところがあるので、それをみなんさんにもシェアしておきます。

査証発給申請書でつまづきやすい点

韓国領事館に観光ビザ申請。査証発給申請書

わたしは駅にある証明写真機で写真を撮ったので、写真の背景はブルーでした。でもこの査証には白かオフホワイトの背景でって書いてあるので、どうしようかなと思いましたが、ブルーでも大丈夫でした。他の申請者の方もブルーの背景の写真だったので、白じゃなくても問題ないようでした。

また、査証発給申請書にある『身分証明書番号』というもの。最初はマイナンバーのことかな?と思ったのですが、ネットで調べてみると無記入でいいとのことだったので、何も記入せずに申請し無事に受理されました。

福岡韓国領事館でビザの受け取り

福岡韓国領事館にビザの受け取りに行ってきた!

2022年6月20日

進歩状況はTwitterにてシェアしていきます

韓国旅行までの経過は、Twitterにて報告していきますので、韓国旅行に行く人の生の情報が欲しいよ!という人はぜひフォローしてみてくださいね。チョウンヨヘンテセヨ〜!

福岡韓国領事館ビザ申請まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。