フィリピンのタホが日本にやってきた【コンビニで買えるフィリピンスイーツ】

フィリピンのタホが日本にやってきた!


フィリピンの定番スイーツ『タホ』。豆腐に甘い黒蜜ソースがかかったその味を懐かしむ人も多いと思います。そんなタホが今、日本にやってきているそうなので、早速レビューしてみたいと思います。

『タホ』が日本のコンビニにやってきた!

タホが日本で買える!
フィリピンで過ごした日々は、タホ売りのおじさんに「magandang umaga(おはよう)」と声をかけて始まるのが私の日常でした。豆腐の入った大きな鍋を担いでやってくるタホ売りのおじさん。小さなカップにてんこ盛りに注がれたタホが今でも懐かしいです。

そんなタホが、今コンビニに売っているとのことで、早速買いに行きました。EMIAL(安雲野食品工房株式会社)から出ている『(飲む豆乳プリン)Taho』という商品で、10月下旬から全国のコンビニで展開されているようです。

Twitterの情報を見ると、ローソンで見つけたという方が何人かいらっしゃいましたが、ほとんどの方はファミリーマートで手に入れているようです。私たちも何件かコンビニをはしごしましたが、実際にこの商品を発見したのは新宿のファミリーマートでした。

みなさんの中にもタホ難民になられている方もいると思いますが、ファミリーマートに行くと見つかる可能性が高いかもしれません。

フィリピンのタホが日本で買える。

『(飲む豆乳プリン)Taho』について

フィリピンのタホが日本で買える!

値段は税込258円。太めのストローで飲む形状で、手を使わずに気軽に楽しむことができます。フィリピンで売られているタホを知っている私たちは、そのイメージで食してみましたが『(飲む豆乳プリン)Taho』の味は私たちが思っているものとは違うものでした。

一口目には大豆の匂いがほんわか漂ってきて、そこからなんだか甘いものがやってくる。これはなんだろうと思い蓋を開けてみると、そこにはつぶあんがありました。フィリピンのタホが日本で買える!?

確かにパッケージには粒あん&黒蜜と買いてあります。しかし黒蜜の味はあまり感じられず、豆腐と粒あんの味わいが主のようでした。EMIAL(安雲野食品工房株式会社)さんの公式Twitterに、”日本人好みの味にアレンジ”と書いてある通り、純粋にフィリピンのタホを再現したものではないようです。私たちが知ってるタホの味ではないけれど、これはこれで美味しかったです。

フィリピンのタホのイメージのままに『(飲む豆乳プリン)Taho』を飲んでしまうと、なんか違うなと思ってしまいますが、一つの飲み物として飲むと間違いなく美味しい。フィリピン人の夫も、これを知ってからハマってしまったようで、いつも学校の授業が終わった後に『(飲む豆乳プリン)Taho』を買って飲んでいるようです。

コロナ禍でフィリピンに行けないので、フィリピンへの想いが募っている方も多いと思いますが、せっかくフィリピンのタホが日本にやってきてくれたので、フィリピンスイーツでフィリピン気分を堪能してみてくださいね。

本場のタホが食べたい方はこちら

日本人用にアレンジしたものではなく、フィリピンで売られているようなタホが食べたいという方は、自家製タホがオススメです。この動画を見ると、思ったより簡単に作れそうなので、ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
フィリピンexpo2020

フィリピンエキスポ2020に行ってきた!【Philippine EXPO 2020】

2020年10月10日
フィリピンレストランnewnanays

六本木のフィリピンレストラン『New Nanay’s(ニューナナイズ)』に行ってきました!

2020年7月21日

フィリピンのタホが日本にやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。