フィリピンのタホが日本にやってきた【コンビニで買えるフィリピンスイーツ】

フィリピンのタホが日本にやってきた。

フィリピンと言えばタホ。タホと言えばフィリピン。フィリピンの朝の光景にはタホ売りのおじさんが欠かせません。

私もタホと聞くとフィリピンにいた時を懐かしんで、ついついあの味を思い出してしまいます。

そんなタホがなんと日本に上陸しているとのこと。ツイッターでも話題になっていました。

私たちも大興奮のあまり大急ぎでコンビニに駆け込みましたが、なかなか見つからない。何軒か回ってようやくタホに出会えましたので、今日はコンビニで買えるタホのレビューです。

タホが日本のコンビニで買える!?

フィリピンのタホが日本で買える。

商品名は、『(飲む投入プリン)Taho』。そのまんまですね。EMIAL(安雲野食品工房株式会社)さんの商品で、10月下旬から全国のコンビニで販売がスタートしているそうです。

ツイッター情報を見るとローソンで見つけたという人もいましたが、概ねみなさんファミマで手に入れているようでした。

私たちも何軒かファミマをはしごして、ついに新宿のファミマで見つけることができました。

フィリピンのタホが日本で買える!

値段は税込258円。タピオカよりもお手頃な値段で買うことができます。

肝心のお味の方は...?

フィリピンのタホは豆腐に黒蜜のような甘いシロップをかけていただくもの。それが私たちが持っていたタホのイメージ。

しかしいざこのコンビニで売られていたタホを食べると、おやおやおや。なんだか新しい。私たち二人ともそんな感想でした。

一口目は大豆の匂いがどどーんとやってきて、そこから何だか甘い感じがやってくる。なんだろうこれはと思い、蓋を開けてみた。

フィリピンのタホが日本で買える!?

すると中にはつぶあんが。確かにパッケージにつぶあん&黒蜜と書いてあったなと思い出し、さらに飲んでみる。

うーーん。タホじゃない。私たちが知ってるタホじゃない。黒蜜の味はどこかにいき、基本的には豆腐とつぶあんでした。

でもこれはこれで美味しい。私たちは興奮のあまり5つも買ってしまいましたが、あっさり翌日には5つとも飲み干していました。

よくよくEMIAL(安雲野食品工房株式会社)さんの公式ツイッターを見ると、”日本人好みの味にアレンジ”と書いてあります。

つまり本場のタホの再現ではないようです。

うっかり期待してしまった私たちが悪かったと反省。

フィリピンのタホだと思って買うとちょっと違うなと思ってしまうかもしれないけど、一切の前情報なしにこういう飲み物だと思って飲めば、間違いなく美味しい。

夫はこのタホを見つけてからというもの、たびたびタホを飲みながら帰ってきます。どうやらハマったようです。

コロナでフィリピンに行けない人たちも多いと思うので、みなさんもぜひタホでフィリピンを満喫してみてくださいね。

タホが日本で買える!

どうしても本場のタホが食べたいという人は、自家製タホでどうぞ。

日本で楽しめるフィリピン。

フィリピンexpo2020

フィリピンエキスポ2020に行ってきた!【Philippine EXPO 2020】

2020年10月10日
フィリピンレストランnewnanays

六本木のフィリピンレストラン『New Nanay’s(ニューナナイズ)』に行ってきました!

2020年7月21日
フィリピンのタホが日本にやってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です