【主婦を休みたい】今日は主婦をお休みします。

主婦を休みたい。


あー無理無理。今日は気分が乗らないな。そんな時は主婦業をお休みすることにしています。『え?主婦って休めるの?』と思う人もいるかもしれませんが、わたしはときどきお休みをいただいています。

主婦も休みたいんだ!

主婦という仕事をしているママもロボットではありません。一人の人間なので、休みたいと思うこともあります。疲れているから少し休みたい、他にやりたいことがあるから休みたい。色んな理由はあると思うけど、休みたいという気持ちがあることは事実。

わたしは休みたいと自分が感じたら、すぐ休むようにしています。なぜなら、それが家族みんなの幸せに繋がるから。

ママが幸せであれば、ママと一緒にいるパパや子供も幸せ。ママが辛い気持ちを我慢してムッとしていたら、周りの人も心配になったり嫌な気分になってしまう。でもママが自分のニーズをきちんと満たしてニコニコしていたら、家族も気分良く過ごすことができます。

だからわたしは休みたい時は思いっきり休むようにしています。

主婦を休む日のルーティーン

なんとなく『主婦を休みたいな〜』と思ったら、パパと娘にママがお休みすることを伝えます。パパにはラインで「今日はお休みするので、部屋の中は荒れているかもしれません。すみませんです」と伝えておくと、パパからはいつもきまって「No problem!!」の返事が返ってきます。

主婦をお休みすることは娘にもきちんと伝えます。娘はまだ2才ですが「ママは今日休みたいので休みます」と言うと、「Okey dokey」という返事が返ってきます。

主婦を休むことで、その影響を被るのは家族なので、家族のメンバーには一応断りを入れています。

日曜などパパがお休みの日ならば、パパにすべてお願いします。娘のお世話や食事の支度、部屋の掃除などすべてパパがやってくれます。それ以外の日の場合は、ベビーシッターやおばあちゃんを呼んで、娘を見てもらうようにしています。

家族のメンバーの理解と、休む日のフォーマットがあれば、主婦であっても気軽に休みを取ることができます。

休みたくても休めないと感じている人は、まずは家族と話し合ってみること、そしてタスクを自分以外の人に振り分けるプランを立ててみてください。

主婦が気軽に休むために大切なこと

普段から周りに自分がやっていることを伝えておくと、主婦業を他の人に任せるときに容易になります。

子供に対してどんな配慮をしているのか、どんな子育てをしているのか。自分の思想や考え、取り組みなども、主婦業を任せる人たちに日頃から伝えておくことで、いざ休むときにスムーズにタスクを依頼することができます。

娘の食事メニューはプロテインを中心にしていること、公文と絵本の読み聞かせは毎日やってること。シナプスの生成に尽力していて、新しいことが毎日起きるように工夫していること。

そんなようなことを常に伝えておけば、実際に他の人に任せるときに、その人たちも何をすべきか戸惑うことがありません。

もちろん、全く同じようにはいかないかもしれません。でもそれでも問題はありません。大事なのは、代わりにタスクを請け負った人が困らないようにすることです。

主婦業を減らすことも大事

そもそも、やるべきことが少なければその分、他の人たちも主婦業を請け負いやすくなります。

料理、お皿洗い、掃除機がけ、フローリングの雑巾掛け、洗濯、洗濯干し、ゴミ捨てなど、主婦のタスクは盛り沢山ですが、自分でやらなくてもいい部分を増やしていくことで、さらに負担は軽減されていきます。

実際に、わたしも料理はオイシックスを利用したり、お皿洗いには食洗機。床掃除にはルンバとブラーバのダブル使い。洗濯は干す手間を省くために乾燥機を使っています。

こんな感じでタスクを最小限にすることで、他の人もタスクの重みを感じることなく実践することができます。

とくに食事は毎日必要なので、サボることができません。外食に頼るのもいいですが、子供が小さいうちは外に連れて行くのも一苦労。結局は家で食べるのが一番となるのですが、そうすると料理が必要になってくる。

オイシックスであれば、メニューを考えなくていいし、買い物に行く必要もありません。メニューと食材が毎週届くので、送られてきたメニュー通りに料理すれば、すぐに食事を作ることができます。

メニューは30分以内に3品作れるようになっているので、ささっと作れてしまう。しかも普通に美味しい。どんな味なのか知りたい方は、オイシックスのお試しセットを頼んでみるといいかもしれません。



主婦を休んで何をする?

わたしが主婦を休みたい日は徹夜明けの日が多いです。なので、主婦を休む日はたいがい自分の部屋で寝ているか、調子がよかったらそのまま仕事や勉強をしています。わたしは仕事や勉強が自分にとっての癒しなので、時間があったら主にどちらかをやっています。

もちろん人によっては、エステに行ったり買い物に行くのが好きという人もいるでしょう。カフェでゆっくりお茶を飲んでもいいですし、それぞれが好きなように時間を使えばいいと思います。

休むことに罪悪感を持つ人もいるかもしれません。でも主婦を休むことは自分のためになるばかりか、周りの人たちにも良い影響を与えます。

明るく元気なママでいるために、ぜひ自身の心の声にも耳を傾けてあげてくださいね。

主婦を休みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。