無痛分娩中は歩けないのでずっとベッドの上でした【出産ブログ】

無痛分娩当日は歩けないので、ベッドでひたすら横になっていました。

私は計画無痛分娩で出産しました。初産だったので、予定日の前日から入院することになりました。午前中に出産予備室に入って、硬膜外麻酔がどのくらい効くかのテスト、子宮にバルーンの挿入、そして陣痛促進剤の投与を受けました。

小さな陣痛の波がやってきましたが、出産予備室のすぐ向かいにあるトイレまでは自分で歩いていくことができました。繋がれている点滴を持って、ヨレヨレと。背中や腕にいろんな管が繋がれているので、それなりに自由は利きませんが、自分の足で歩くことはできました。

無痛分娩当日、麻酔が始まってからは歩けない

当日の朝は5時から処置が開始されます。点滴、抗生剤の投与、麻酔が入ってきます。さらに陣痛促進剤が追加されていきます。麻酔がすっかり効いているので、もう下半身はフラフラで感覚がありません。まるで自分の足がなくなったような感覚です。動かそうとしても、足は微動だにしません。

朝の7時にバルーンを抜いて破水してもらったのですが、麻酔が効いてるため痛みは全くありません。それからは陣痛の痛みに耐えながら、麻酔を強めたり弱めたりして、子宮口が10cm開くのを待ちます。

トイレにももちろん行けないので導尿になります。ひたすら横になって、陣痛の痛みに耐えていきます。この日の戦いは朝の5時から始まりましたが、9時間後の午後2時に子宮口が10cm開き分娩室へと移動する準備が整えられました。

歩けるようになったのは翌日の朝

赤ちゃんがお腹から出てきたのが午後3時過ぎ。それからは麻酔が完全に切れるのを待ちます。看護婦さんからは麻酔が完全に切れるまで一人で歩かないようにと指示を受けていました。

しかし夜にトイレに行く際に一人で立つ練習をしていいとの許可が出たので、看護婦さんの付き添いのもと、きちんと歩けるかのテストを行いました。しかしまだヨロヨロしていたので、結局は看護婦さんが車椅子でベッドまで運んでくれました。

翌日の朝8時から授乳が始まります。ベッドから移動して赤ちゃんが待つ新生児室まで歩いて行くのですが、この時には麻酔も切れて普通に歩けるようになりました

これから無痛分娩で出産されるみなさんへ

私の元にも無痛分娩で歩けなくなるって本当ですか?という質問をいくつか頂きました。おそらく歩けなくなることを心配されていらっしゃるのかもしれませんが、歩けなかったのは麻酔が効いている間だけでした。麻酔が切れてからは普通に今まで通りに歩くことができました。

歯医者さんで治療する時に歯茎に麻酔を打ったことがあると思います。その時に歯茎が腫れてなんとも言えないふわふわした感覚になりますよね。それと同じように、無痛分娩の硬膜外麻酔によって足がふわふわになるのです。

歯茎の麻酔が効いてる間に食べ物が食べれないように、足に麻酔が効いてるときは歩けないのです。足に麻酔が入るのは私もはじめてだったので、自分の足がふわふわになった感覚はとても新鮮に思えました。

歩けなくなるのが怖いという人もいますが、実際に陣痛が始まるとそれどころではありません。陣痛を抑えるために何でもしてくれー!という気持ちでいっぱいです。案ずるより産むが易しです。みなさんも頑張ってくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたなら光栄です。最後までお読みいただきありがとうございました。

無痛分娩当日は歩けないので、ベッドでひたすら横になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です