フィリピン男性が日本で働くには【仕事の見つけ方4選】

フィリピン男性が日本で働く為に。日本での仕事の探し方


日本でも割とフィリピン人女性が活躍している場は色々あると思います。技能実習として工場で働いていたり、フィリピンパブで働くという方法も昔から割と一般的だったと思います。

しかしフィリピン人男性の場合はどうでしょうか。女性に比べて日本にいるフィリピン人男性の絶対数が少ないので、そもそもどんな仕事ができるのかもわからないという人も多いことでしょう。

そんなみなさんに向けて、フィリピン人の夫が行った仕事を得るためのアプローチをいくつか紹介したいと思います。

片っ端から求人サイトで検索をかけてみる

バイトル、インディードなどの仕事求人サイトを使って『外国人歓迎』『英語』『留学生』『タガログ語』などのワードで検索をかけると、レストランやスーパーの棚卸し、工事現場の作業員などの求人が出てきます。また、オフィス系だとフィリピンに進出したいベンチャー企業の営業職などが引っかかってきます。

しかし日本で仕事を得るときに一番問題になるのが、日本語能力。実際に外国人歓迎と書いてあっても、電話で問い合わせてみると日本語ができないと難しいという答えが返ってきました。

やっぱり王道!ハローワーク!

ハローワークは場所によって、英語ができるスタッフさんが在籍されているようで、フィリピン人の夫も担当の方と英語でコミュニケーションを取りながら仕事を探してもらうことができました。そこで出てきた仕事は求人サイトで見たような仕事が多かったのですが、求人サイトと違った点は、オフィスワークの割合が多かったこと。

英語ができるということで、外資やベンチャー企業の求人がいくつか並べられていました。しかし担当の方からは応募はできるけど、日本語能力の面で断られる可能性は高いという話をされました。

頼るは専門部署!東京外国人雇用サービスセンター!

ハローワークでは外国人を専門に受け入れている窓口(東京外国人雇用サービスセンター)が新宿の歌舞伎町にあるとのことで、そちらにも伺ってみました。フィリピン人の夫は将来ホテルを経営したいという夢があるので、ホテル関連の仕事を探していましたが(ベルボーイ、ルームクリーニングスタッフなど)、日本では割と高齢の方たちがそのような職に就いているため、もっと若い人たちが多い職場がいいのでは?と提案されたそうです。夫は20代前半なので同年代の人たちがいる職場の方が友だちができたりして楽しくやれていいだろうとのことで、ファーストフード店での仕事を勧められたそうです。

フィリピン人の人脈で仕事を見つける

日本に来て一番最初に仕事を得たルートは、日本に住んでいるフィリピン人からでした。フィリピンレストランで知り合った人から仕事を斡旋してもらい、仕事を得ていました。設備という水道管をビルに施工する仕事でしたが、日本人の人たちとは挨拶程度の日本語を交わす程度。基本的には他のフィリピン人の人たちとのお仕事でした。

しかしフィリピン人の人から介して仕事をもらう場合に信用という面で不安な点もあったので、やはり雇用されるなら正攻法で仕事を見つけた方がいいかもしれないという考えに至りました。

さいごに

色々探してみた結果、フィリピン人の男性でも日本で働ける場所は沢山あることがわかりました。しかし常につきまとうのは日本語能力。やはりいくら英語ができるとはいえ、受け入れる側も日本語ができないと少々不安なようです。

もし日本語ができれば、パートタイムの接客業からオフィスワークまで仕事の幅は広がっていきます。それに加えてタガログ語が強みになるので、フィリピンに関連する部門や企業などでも就職することができるでしょう。

また、就職という手段を取らずに働くという考え方もあると思います。今の時代、youtuberやUberEatsなど個人で稼ぐやり方はいくらでもあります。むしろそういう風に自分で稼ぐという働き方を目指すのもありではないでしょうか。

フィリピン人の男性でも選ばなければ仕事は沢山あります。皆さんもぜひここで紹介した方法を参考に仕事を見つけてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

フィリピン男性が日本で働く為に。日本での仕事の探し方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です